ミニマリストよねの生活

おしゃれなミニマリストを目指す40代 楽家事 時短 ゆとりを求めたミニマムライフを書いています

【FIRE目指して】新NISAがなぜ必要か?

いつもご訪問いただきありがとうございます。

今日はちょっとミニマルな話しではなくNISAのお話。

2024年度から新NISAが始まります。

皆さんは旧NISAも含めて口座開設など行っているでしょうか??

そしてなぜNISAを政府は推奨しているのでしょうか??

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(40代女性)へ
にほんブログ村 

(よかったらポチしてください。励みになります)

 

◆この記事はこんな方にオススメ◆  
新NISAって何のためにどうやってやるのかを知りたい方

NISAって何だ!?

1.年金現実は

私は投資などのYoutubeなどが大好きで色々な情報を拝見しているのですが、

先日見たテレビのニュースで驚きの内容を目にしました。

以前は”老人はお金持ち”と言われてきましたが、なんと生活費を年金で賄える割合は平均で六十数パーセント。

 

約三十パーセントは貯金を切り崩して生活しているということになります。

今ですらこんな状態ですから、最悪の事態を考えると私たちの老後は非常に心配です。


そこでタイミングよく表れたNISA制度。

私は政府に自分の年金は自分で貯めておけと言われているような気がしました。

以前からNISA(利益非課税)とかiDECO(全額控除対象)が少しずつ出てきていましたが、

今回の新NISAの投資最大限度額は1800万円

これはいよいよ政府も本気で私たちに求めていると感じます。

 

ですが、、、どうやら実際NISA口座開いている方は2割に満たないとのこと。

一歩踏み出せない理由は色々あるみたいです。

 

2.投資信託とは

実際何するのか分からないし~投資とかって逆にお金減っちゃうんじゃないの?

実際NISA開設後に初心者が始めるのは積み立てNISAという投資信託が多いみたい

積み立ての投資信託とは

積立投資信託とは積立型の投資信託のことです。

毎月一定額を購入しながら積立てていく投資方法です。 

投資信託では自分でファンド(プロがテーマ別に運用してくれるもの)を選んで投資をはじめます。ファンドでは集まった資金を運用し得られた運用損益を投資家に還元するという仕組みです。

もちろん株式や為替は毎日のように変動しますが、投資信託のファンドは株式投資と違って1社を対象をしている訳でないため分散投資ができ、一定の金額を毎月積み立てることはリスクを軽減できるドルコスト平均法という手法で投資を行うことができます。

メリットとしては

・初心者でも始めやすい ・少額でも運用可能 ・長期間運用で利益が出やすい

デメリットとしては

・元本保証がない ・運用の手数料がかかる ・短期間では利益が出にくい ・利益が出ると課税される(NISAならこれがかからない)

でもさ~銀行に貯金しておけばいいんじゃないの? 

私も最初そう思ったんだけど、最近インフレぎみじゃない?貨幣価値が下がる可能性があると思うんだよね~

そうなんです。インフレが進むと貨幣価値がさがります。

1000円で買えたものが2000円出さないと買えなくなった場合、銀行に貯蓄した100万円は実際の半分の価値しかなくなってしまうということ。

こうした状況への「備え」として考えられる対応が、「投資」による「資産運用」です。資産の価値が目減りすることを防ぐためには、預貯金や現金で保有する以外に、様々な「金融商品」に分散投資をして、長い期間お金にも働いてもらうことが有効な手段だといえます。


ということで、老後の年金対策、財産をインフレから守るインフレ対策として投資信託含める資産運用が大変有効なんですね。


これは誰かが儲けたから誰かが損するというものではないので、みんなで安心して老後を過ごすために重要だと考えています。

3.NISAとは

日本で株式や投資信託など売却益と配当への税率を一定の制限の元で非課税とする制度です。通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をして売却する際に得た利益には約20%の税金がかかります。

しかし、NISA口座で保有していた場合は利益に課税されないので、利益が全部残ります。

2023年までのNISAはNISA口座と積み立てNISA口座のどちらか一方しか使えませんでしたが

2024年からはじまる新しいNISAでは「成長投資枠」と「つみたて投資枠」が設けられていて併用できます。「成長投資枠」では年間240万円まで、「つみたて投資枠」では年間120万円まで投資が出来、最大の投資可能枠が1800万円(成長投資枠はうち1200万円)になります。

 

4.実際どうやってやるの?

金融機関でも取り扱っているNISAですので、取引のある銀行に聞けば手取り足取り教えてれるでしょう。

また、銀行窓口に行くのは面倒な方はネット証券がおすすめです。

なかでも業界1位のSBI証券

https://tpcm.jp/sbitp/cb83bed6c20c9afef414d0a4104071e9

業界2位の楽天証券

 

スマホと身分証明書、マイナンバーカードで口座開設できます。

NISA口座も一緒に開設できます。

 

やってみると意外にも簡単ですので、ぜひトライしてみてください。

5.まとめ

実際儲かるの?損しないの??

それは選ぶファンドや時期、これからの世界経済、日本の経済状況で変わってきますので一概にいえませんが、私の経験上15年から20年の投資期間があれば資産は増えるのではないかと考えています。

実際のところ世界の人口は2025年までぐんぐん増え続け、2050年まではじわじわ増えると予想されています。

世界人口が増えるということは経済は成長していくではないでしょうか??

どっちみち、インフレとは戦わなければいけなくなりそうな雰囲気です。

一歩進んでNISA始めるのはいかがでしょう?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。