ミニマリストよねの生活

おしゃれなミニマリストを目指す40代 楽家事 時短 ゆとりを求めたミニマムライフを書いています

【ミニマリスト】最小限の掃除しかしないリビングづくり

いつもご訪問いただきありがとうございます。

ミニマルな暮らしを心がけてよかったことの1つに、

いつでも人を家に招き入れることができることがあります。

 

以前は玄関から靴まみれで、リビングにはいろいろなものがあって雑然としていましたし。

掃除機をかけるのが苦手な私は、ロボット掃除機を購入するも、床に物がありすぎて稼働せず。

ま~散々でした(笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(40代女性)へ
にほんブログ村 

(よかったらポチしてください。励みになります)

 

さて、今は何が変わったのでしょう?

①新築したので広くなりました。

②断捨離したので物が無くなりました

③リビング収納を建具にしました。

④テレビをスタンドに取付ました

⑤床に何も敷かなくなりました

 

こんな感じです。

①よりも②が本当に効果てきめんでした。

もともと収納用に家具がありましたが、リビング収納の棚にリビングで必要なものだけを収納して、家族個人のものは各自部屋へ持っていく決まりにしました。

ダイニングテーブルはありますが、食べる以外の時は何も置いていません。

ソファのところにはお茶を置くくらいのテーブル。

以前は置物とかたくさんありましたが、精鋭の2個を残してさよならしました。

床に何か敷くと、掃除や洗濯が大変なのでやめました。

床に何もなくなったのでロボット掃除機がフル稼働してくれるようになりました。

 

私はほとんど掃除機をかけませんww

キッチンや階段の端っこに溜まった髪の毛やホコリをみつけてはちょこっと掃除します。

それで、まるで毎日掃除しているかのように人を招きいれます。

基本的にほとんど生活に不必要なものはないので、整然としすぎだと本当は感じているのですが、マメではない私にとってはこの形がベストだという思いの方が強いので、良い気分です。

 

よく書いていますが、本当にきっかけがないと思い出の品は捨てにくい。

私も以前は母の思い出の詰まったものはあまり捨てられず、、、母は手仕事が好きで、作ってくれた形見が多すぎるという無限ループにハマっていましたが、結局私がし処分しなかったら、

処分する役割がいないと考え、刺繍など額に入れて残し、他は処分しました。

 

物が捨てられないのは思いが強かったり、頭の中がスッキリしていなかったりするのが原因だったりすることもあります。わかっちゃいるけど、捨てられないのです。

 

でも~~~めっちゃ楽っす!1

 

なので、本当にお勧めなんです。

で、捨てられない人に思い切って言うこと。

迷って捨てられないなら、とりあえず全部捨ててみましょう!!!

 

これ、潔い。

捨ててしまって後で困るのは貴金属とお金くらいです。

どうぞやってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

最近、私の選んだ商品のショップを開いてみました。

お時間あったら見てみてくださいね
OPEN THANKS クーポン配布中!
10%OFFコード:VkilUaWJ7g

no-iraira.stores.jp